読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ステージに立つあなたの前で 僕は恋をした少年


  一週間ほど前に気まぐれにやったアンケートにお答えくださった優しい方々ありがとうございました。設問に「あなたの担当は?」「いつから好き?」等設けましたが決して人気投票のような意図はないのでここでは結果として公表しないことに決めました。

  今回アンケートに答えてくださった方々が今の担当さんに出会って担当となったのは2012年頃から現在が中心でした。ジャニーズWESTのみなさん含め関西Jr.を目にする機会が増えた時期になんとなく重なるのかな、なんて思っています。

  代わりと言ってはなんですが、適当にやったアンケートにも関わらず優しくて暖かくて少しだけ厳しくて素敵な素敵な言葉たちがたくさん並んでいたので、ここに掲載させていただきたく思います。大学の論文だったら引用文続きで訴えられるレベルで引用してますので悪しからず、、

  冷静にあれそれを分析して先を悩んだり悲観するものではなく情に訴えかけまくって「いや〜〜オタク最高!!この素敵な言葉たちばっちり胸に止めておこう!今日も私ってば幸せなオタク!!!」のための記事ですのでそういうのは苦手な方もいるかと思いますが、好きな方はお酒片手に読んでいただけたらと思います。苦手な方はソッと×ボタンを押してほしい。


Q.自担、また、関西Jr.の好きなところは?

  「見ていてワクワクする!応援していて楽しくて、今まででいっちばん心が躍る。楽しいことばかりでもないけど それでも応援したい!って思わせてくれるところが一番好き。顔も可愛い。歌声はゲロ甘い。最近お芝居も群を抜いてきた感。夢を託したくなる安心感だとか 気迫が感じられるところが好きです。全体としては 自分達が一番に楽しもう!ってゆう意識があって それが伝わってくるところが関西の好きなところ。比べては落ち込む…みたいなことも多々あるけど(小声)自分達の世界を守ろうとしてくれるところも好き。」

  "夢を託したくなる安心感"っていうフレーズずるすぎませんか?一瞬でズキュンと撃ち抜かれちゃいました…わかる…わかる〜〜!!!っていう気分です。別に私の夢がアイドルででもアイドルになれなかったから代わりに夢を叶えて!じゃなくって、"自分の力で、自分の大きな夢を叶える"っていう夢を、彼らに託したいんですよね。私が見れない夢を、彼らなら叶えてくれる気がするんですよ。エゴかもしれないけど、そう信じたいんですよね。勝手にめちゃくそ重たい夢を背負わせてごめんね!なんて思いつつ、期待してます!関西Jr.!


  「自担の好きなところは顔。顔、身体、声、性格、思考、ダンス、演技、言葉選び、ファンを大切にするところ、すべてが好きだけど、確実なものとして一番に挙げられるのは顔だから。とにかく顔が好き。これが違ったら担当にはなってないと思う。次点がダンス。ダンスの上手い下手は素人なので全然分からないけど自分のツボにハマる動きをしてくれることが多いから好き。
  関西Jr.の好きなところは縦横の繋がりが強いところ、与えられる機会が少ない分、いつでも常に全力なところ、笑いに貪欲なところ、東京への対抗心と挑戦心、物理的にも精神的にも近い距離を感じさせる一方できっちりアイドルとしても輝いてくれるところ(ステージの上の存在としてファンとの線引きがしっかりしていると個人的には感じる。エイト、WESTや東京Jr.と比べても。)」

  「自担はそのままでいてほしい。自分に厳しくはいてほしいけど、これ以上自分を追い詰める必要もないし、本当に変わらないでいてほしい。関西Jr.には、もっと自分たちの出来ること出来ないことを見極められるようになってほしい。あとは、仲の良さと上下関係が薄い・適当なのは違うことに気づいてほしい。」

  先日の古謝くんの言葉含め、仲良しクラブだけではいけないという感覚はなんとなくオタクの間にもあって、古謝くんの中にもあって、上に立つ子達が後輩を叱って〜〜、、みたいな話もちらちら聞いていて、、こういう雰囲気はなんというか、時代なのかな〜〜なんておもったりもして(何歳)。仲良しなのはいいことだし、仲良しな姿を見るのはとても好きなんですけど、仲良しすぎるんですよね(笑)そう考える古謝くんを筆頭に、どうこれからが変わっていくのか楽しみでもあります。誰かが早く何かに気づいて、いい方向に向かってほしいな。出来ることも出来ないことも向き不向きもあるけれど、苦い思いをすることもあるけど、貪欲に挑戦していこうという姿勢はいつまでも変わらないでいてほしいです。

  「担当の好きなところは、本当は甘えたがりなのに、今の体制になってから自分の立ち位置に自覚と責任を持って、仲間や後輩と接してる姿。「もう泣かないって決めた」の言葉通り、本当に泣き虫卒業したところ。舞台を経るたびにレベルアップする歌声。指先まで絶対手を抜かないダンス。手とスタイル。すぐ一発ギャグねじ込もうとしたり、ボケたがるお調子者なところ。たまに天然が出たり、ちょっと頭が弱いところ。胸キュン企画になると、絶対ボケるし真面目にやらないのに、7回に1回くらい本気で落としにかかるところ。」

  康二くんのひとかな?読みながらグッときてしまいました。しばらく関ジュの現場を離れていた外部の私が言うのはあれなんですけど、去年の少年たちの康二くんのお兄ちゃん役、本当に好きだったんですよ。甘えん坊で永遠の弟キャラな康二くんの姿を知っていたから、関西Jr.のメインとして演技で関西Jr.を支え牽引するお兄ちゃんの姿は本当にかっこよかったです。


Q.これからの関西Jr.に期待すること

  「やはり経験値の少なさが課題。東京だろうが大阪だろうがいい子はいいんだから「関西」いう狭い枠にくくることになんの意味も無いと思うけど、もしかしたら大人の目に留まるためにはいい目印なのかもしれない。エンターテイメントをするには不利に思える「関西」という土地を逆手にとってお仕事もぎ取ってきてほしい。大吾が朝ドラ出たりfunky8が優馬コンついたり、丈が舞台出たり。外での仕事で得た刺激を関西Jr.に持ち帰ってきて、「松竹座」の先に続く世界を仲間や後輩にリアルに伝えていけることでどんどん活性化していく気がします。広い世界を思い描いてキラキラ輝いた姿を見せてほしい。(重)」

  「正直な話あまりユニットの括りとかにこだわりは無いんですけど☆福福(以下略)やFunky8など本人たち発信でユニットの話されると無条件で応援したくなりますね。WESTさんがデビューする前のギラギラした雰囲気とは違い、今の関西ジュニアのキラキラした雰囲気もとっっっても好きです。なので今まで見たことの無い新しい関西ジュニアの歴史をこれからどんどん作り上げていってほしいです。とりあえずこれから関西Jr.に期待することのひとつとしては松竹座を飛び出して城ホで関ジュコンをしてほしいですね!!!」

  WESTがいた頃のギラギラ感と、今のキラキラ感は、なんとなくわかるなあ。貪欲さがないとかそういうものではなくて、でもキラキラしているなあと思います。なんだろう、うまく言葉にできないけど。例えが悪いような気もするけど2010年頃のゴリゴリ浪速のヤンキーギラギラ期、2013年頃の13人一枚岩関ジュサイコースポ根ギラギラ期を経て2016年、、、新しい風もたくさん吹いて、キラッキラだよねえ…(語彙力の欠如)

  「腐らないで欲しい。良いことばかりじゃないし、ジャニーズの世界なんて上手くいかないことだらけだと思います。私たちがしばしば事務所に腹をたてるように、彼らにもたくさん理不尽が降りかかるかもしれない。けれどどうか、腐ることなく前向いて一歩一歩進んでいって欲しい。仲良しなだけじゃだめだけど、支え合って頑張って欲しいな。出来るだけ長くアイドルとして笑っていて欲しいです。」

  諦めたらそこで試合終了だし、私たちが測り得ないほど腐りたくなるようなことばっかりなんだろうけど、腐ったら終わりなんだよね〜〜。明星10000字インタビューでの照史くんの「今ここで諦めたとしてもしかしたらあと数メートル先にチャンスがあったかもしれないし」といったニュアンスの言葉が好きでした。結局未来なんてな〜〜んにもわからないんだけれど、ずっとステージに居て欲しいなんてオタクのエゴなんだけど、好きだからずっとステージにいてほしいし、なんの悪にも触れることなくずっと笑っていてほしいし、もしかしたらあと少し先にあるかもしれないチャンスをつかんで欲しいんだよなあ。

  「もっと関西Jr.という存在が大きくなってほしいです!ジャニーズWESTがデビューしてからのここ数年、着実に結束力が強くなって力もついてきてはいますが、まだまだだと思っているので、もっとギラギラしてほしい!あとはきちんと叱ってくれる人が出てきてくれたらいいなと思います!これからの関西Jr.には期待しかありません!がんばれ!」

  「これからの自担に期待することは特にございません…いつ何時であれ楽しく生きてくれたらそれで十分です。彼の夢が叶う場所は、きっとステージの上ではないのかなあと思っているのでステージにいる最後の瞬間まで精一杯応援して、ステージを降りてからも遠くから彼の幸せを願えたらと思います!
これからの関西ジュニアに関しては、昔みたいにオラオラしてほしいなって思ってます~!!オラオラしてこそ関西!赤衣装が似合ってこそ関西!ヤンキー臭もっと漂わせていこ~う!てな感じです(笑)通りすがりが長々と申し訳ありませんでした~(ToT)/~~~」

  「何だっていい。笑って過ごして欲しいです。末澤くんが、関西ジャニーズJr.が笑って、そしてやりたい事が出来て、それを見届けれたらって思ってます。涙や暗い顔はこれ以上見たくない、させたくないです。笑っていて欲しい。この仕事をしてて良かったって、ここにいれて良かったって、このジャニーズって仕事を続けてよかったって笑顔で思ってくれたら、それだけでいいかなって思います。」


  すごく正直なところ私も年中お花畑なわけではなくて(笑)、関西Jr.を取り巻く環境は決して明るいものばかりではないし、いつか来てしまうかもしれない別れを思っては頭を抱えてしまいそうになるけれど、夏に見た関西Jr.の全身から溢れる力や自信が本当に好きでした。まだまだ経験も力も不足な部分ばかりだっただろうけど、それでも、2015年の夏からたった一年で、こんなに力をつけて層を厚くした関西Jr.のことを、誇らしいと思わざるを得ないのです。

  もっとたくさんの子達が、いろんなところで活躍して、いろんなものを見て、力をつけて、目に見える世界を広げていってほしいなあ。そんな姿を見るのが、これからもとっても楽しみです。

  アンケートに答えてくださった皆さんの、厳しくも暖かい言葉たちにとても幸せな気持ちになったし、こんな素敵な言葉たちを持っている方々と関西Jr.を応援していけるのはとても幸せなことだなあと思いながら、定期的にこのブログを読み返しながら気持ちを温めていきたいなあと思った夜でした。

  末筆で大変恐縮です。おやすみなさい。